ひょうせ・渦人形

 

俺達が指差した方向へ振り向くと、それはいた…
前と同じように屋根から頭だけを突き出し

「ホホホ…ホホホ…ホホホ…」

と笑いながら例の真っ黒な目と口の顔をこちらに向けながらニコニコと笑っている。
俺たちは全力で逃げ出した。

本堂に着くと、お坊さん2人とさっきのおじさんが待っていた、
今になって気付いたのだが、おじさんはどうもこの村の村長さんらしい。
俺達が事情を話すと、お坊さん達はすぐさま俺達を座らせお経を読み始めた。

暫らくお経を読んでいると、本堂の天井のほうから

「ホホホ…ホホホ…ホホホ…」

という例の笑い声と

コツ…コツ…

という俺の部屋で聞いたあの音が聞こえてきた。
俺達はビビりまくって身を寄せ合っていた。
暫らくすると声が聞こえなくなった、俺が

「終ったか?」

言い切らないうちに、今度は本堂の横の庭のほうから
続く

287: 本当にあった怖い名無し:2011/05/20(金) 22:07:05.17 ID:x83Y3WRH0
>>286の続き

「ホホホ…ホホホ…ホホホ…」

という声が聞こえ始めた。
そして、薄暗くなり始めた本堂の障子に、夕日に照らされたあの人形の
あたまが映し出された。
あたまはユラユラ揺れながら相変わらず不気味な笑い声で笑っている。

その時、俺は恐怖心と不安感と連日の寝不足でもう耐えられなくなって、
ちょっとおかしくなっていたんだとおもう。
人形の影を見て、恐怖心よりもその姿にイラつきはじめた。
ユラユラ揺れている姿を見ると、とにかくなんだか良く解らないがムカついてきて、とうとう我慢できなくなった。

俺はお坊さん達がお経を読んでいる横の鉄の燭台を掴むと、
蝋燭もささったまま引き抜き、周りが制止するのも振りきり障子を開けた。
目の前にあの人形の顔があった。

一瞬俺は恐怖心に襲われたが、怒りとイラつきが勝ってそのまま燭台をぶら下がっている人形の頭めがけ

「ふざけんなーーーーーーーーーー!」
と叫びながら振り下ろした。

続く

289: 本当にあった怖い名無し:2011/05/20(金) 22:08:42.37 ID:x83Y3WRH0
>>287の続き

バキッ!

という音がして燭台の先端が人形の顔にめり込み、そのまま人形は地面に落下した。
俺は裸足のまま庭に下りると、更に燭台を振りかぶり人形に打ち下ろした。
すると、なにか頭の中に妙な感覚が芽生え始めた。
人形はそれでもなお

「ホホホ…ホホホ…ホホホ…」

と無機質に笑っている。
俺はおかしくも無いのに笑いたくなり、なきたくも無いのに目からボロボロと涙が零れ落ちてくる。
明らかにE介たちと同じ状況になりつつあるのだが、
それでも俺は燭台を振りかぶり人形に打ち下ろすのをやめなかった。
あとから話を聞くと、俺はゲラゲラと笑いながら無表情でボロボロと涙を流していたらしい。

暫らくそんな状態が続いていると、どうも燭台に残っていた蝋燭の火が
人形の服に燃え移ったらしく、人形が煙を上げて燃え始めた。
友人たちによると、人形の

 

「ホホホ…ホホホ…ホホホ…」

という笑い声と、俺の絶叫が交じり合い、薄暗くなり始めた周囲の雰囲気とあわさって、
異様な状況だったという。

それでも俺は笑い泣きしながら殴り続けていると、
どこを殴ったのかよくわからないが

メキッ!

という鈍い音がした。
その途端、俺の中の妙な感情が消えた。
消えたというか、急にシラケてしまったといえば良いのだろうか、
とにかく人形に対するイラつきも、笑いたいという気持ちも泣きたいという気持ちも急になくなってしまった。

俺はその場にヘタり込み、友人たちやおじさんが
「…大丈夫か?」
と心配そうに近付いてきた。
人形はもう笑ってもいないし動きもしないが、燃えたままでは不味いので友人たちと
おじさんが砂を掛けて消していた。

 

理由は解らないが、おれは何故か全て解決したような、そんな良い気分になっていた。
この騒ぎの中、お坊さん2人はずっとお経を読み続けていたらしい。
人形(もう殆ど残骸に近かったが…)の事は明日詳しく調べる事になり、
箱に入れてお札を貼り、本堂に安置する事になった。
俺達はお坊さんの好意でそのままお寺に泊まることにした。

翌朝。
俺達は本堂に呼ばれた。
どうやらお経のお陰なのか、俺がぶち切れたのが原因なのか、理由ははっきりしないが、
どうも一応解決はしたらしい。
そして、人形はこのままこのお寺で供養する事になったのだが、結局この人形が何なのか、
その辺りは謎のままだった。

 

ただ、燃え残った人形の胴体に、焼け焦げ消えかかった文字で
「寛保二年」という記述と、完全に燃えて文字数しかわからない作者の名前6文字、
それとはっきりとは解らないので残っている文字の痕跡からの推測だが、「渦人形」という
単語が読み取れた。

お坊さんが言うには、とにかく正体は不明だが何らかの呪物である事はまちがいないらしい。
燃え残った残骸に頭と動を繋ぐ棒の部分があったのだが、そこにびっしりと何か
呪術的な模様が書かれていた痕跡があるのが確認できたとの事だった。

その後、今に至るまで俺も含め当時のメンバーには知る限り何も起こっていない。
お寺のお坊さんからは、人形の正体がわかったら連絡をくれるという話だったが、あれから
数年経つが未だその連絡も来ない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。