日本人形

じゃあ、ネタ提供。
友人のコウが体験した本当にあった話。

コウ一行が、長期休暇を利用して、静岡だか神奈川に遊びに行ったときのことなんだけどね。
朝早く出発して、昼頃に現地に到着した彼ら。
まぁ、時間もまだ余っていたので温泉巡りなどをして、宿にチェックインしたらしいのよ。
んで、人数は8人くらいだったけな?
結構な大所帯だったから、部屋は二つ、4人づずつに別れたのね。
その時コウの泊まった部屋はトイレが壊れていて使用不能なので、廊下にある共用トイレを使用するようになっていた。
コウは部屋に案内されると同時に悪寒を感じたらしいんだけど、まぁ、折角の楽しい旅行だしここで、変な事言ってみんなを怖がらせるのもナンだしそのときは、だまってたんだってさ。
その日は長期に渡るドライブ&温泉巡りでコウを含みみんなヘトヘトだったもんだからみんなして一気に爆睡!!
でも、コウは違ったようで、夜中に目が覚めてしまったらしいんだわ。

『なんか、イヤーな予感がするなー』

なんて思ってると

「カリッ、カリッ、カリッ、カリッ」

何者かが隣の居間で何かをカリカリひっかいている音がしたらしいのよ。
コウも疲れていたので必死に眠ろうと努力はしていたらしいんだけど、いかんせんその音がどうも気になる。
そんなこんなしているうちに、コウ以外の一人(仮名Aさん)が

A「ねぇ、コウ、起きてる?」

「ん?ああ起きてるよ」

A「さっきから変な音が聞こえるんだけどコウもそう?」

「ああ、なんだろうね。」

などと二人で会話している最中も

「カリッ・・カリッ・・カリッ・・カリッ・・カリッ・・カリッ・・」

変な音は鳴り続ける・・・
二人はその音を聞き入るように聞いていた。

どれくらいの時間が経っただろうか・・・

「カリッ・・・カリッ・・・
ガチャガチャッ・・・ガチャ・・・ガチャガチャガチャ・・・」

音が変わった・・・
息をのむ二人・・・

A「なんか・・・気持ち悪いね・・・」

「うん、なんだろうね・・・」

と、またその音に聞き入る二人・・・
長距離旅行の疲れもあってか、二人ともその音に聞き入っている内に眠ってしまった・・・

その日は朝から観光巡り。
その地の名産品に舌鼓を打ち、景色に見とれ、宿へ帰って行ったコウご一行。
そして、部屋に入ると例によってまたしても悪寒がコウを襲う。
しかし・・・
昨日とはなんか違う・・・
ふと悪寒のする方に目をやるコウ・・・

「ウオッ!?」

なんと、そこには・・・
棚の上にガラスケースが置いてあり、ガラスケースには日本人形が飾られていたらしいのよ。
そりゃぁ、コウもビックリしたみたいだよ。
昨日は気が付かなかったのに何故今日になって気が付いたのか?
ガラスケースをよく見ると、人形を出し入れ出来るように取っ手が付き、ドアのようになっている。
・・・そして、コウは想像しちゃったんだよ・・・
昨日のあの出来事は、その日本人形がガラスケースから出ようとしてケースをひっかいたり、ケースを押したりしていたんじゃぁないかってね・・・
フト視線を感じそっちを見てみるとAさんがコウを見ている・・・
そして、見つめ合うAさんとコウ。
すると、ひそひそ声でAさんが話しかけてきた。

A「ねぇ、昨日の音・・・アレってコレじゃぁ!?」

コウ「ああ、やっぱり?俺もそんな気がする」

しかし、Aさんもコウも、他の人の気分を害するのも何だし、音こそすれ他にはなにもなかったので、今日もそのまま同じ部屋で寝ることにした。

飯を食べ、風呂に行き、トランプ、UNOなどをして遊び飽きると、別部屋の4人は部屋に引き上げていき、コウたちも布団を敷き、就寝。
はじめはぐっすり眠っていたコウだがやはり、目が覚めてしまったようだ。
時間を見ると時計は丁度2時を指していた。

「ねぇ、起きてる?」

Aさんの声だ。

コウ「ん、ああ、Aさんも目が覚めたんだ」

A「うん。コウもやっぱり目が覚めてたのね。」

コウ「なんか、変だね。昨日、俺とAだけが音を聞いて、そして、今起きているのは、俺とAだけ・・・」

A「うん。変だよね・・・」

なんて二人してひそひそ声で話していると・・・

「カリッ・・・カリッ・・・カリッ・・・
ガチャガチャ・・・ガチャガチャ・・・
カリッカリッ・・・
ガチャガチャ・・・」

コウ「始まったよ。昨日と同じだ・・・」

A「イヤ。怖い・・・」

そしてまた、二人でその音に聞き耳を立てる・・・
その時の二人の脳裏には、先ほど見た日本人形がガラスケースのドアを開けようとしている様が鮮明に思い描かれる。

コウ「・・・」

A「・・・」

「ガチャガチャ・・・ガチャガチャ・・・ガチャ・・・ガチャガチャガチャ・・・ガチャガチャ・・・ガチャ・・・ガチャガチャガチャ・・・ガチャガチャ・・・ガチャ・・・ガチャガチャガチャ・・・ガチャガチャ・・・ガチャ・・・ガチャガチャガチャ・・・ガチャガチャ・・・ガチャ・・・ガチャ」

コウ「・・・」

A「・・・」

「ガチャ・・・ガチャ・・・
キィィィィィ~~~カッチャ・・・
ボタッ・・・
カサッ・・・カサッ・・・」

コウ「!!!!!」

A「!?!?!」

コウ「ねぇ、やばいよ。出てきた!!」

A「う、うん。怖いよう・・・」

「カサッ・・・カサッ・・・カサッ・・・カサッ
ねぇ・・・ドコ?・・・ねぇ・・・ドコ???」

コウ「や、やばい!!こっちに来る!取りあえず、電気を付けて他の人を起こそう。Aは電気を付けて。俺が他の人起こすから。」

A「うん解った」

コウは、他の人の体を揺さぶり起こそうとするが、一向に起きる気配のない他の人・・・
深い眠りについているためだろうか?
コウは思い切って、ビンタしたり両手で肩を押さえて、思いっきり揺さぶったりしてみたが、他の人たちは起きない。
AはAで電気を付けるために蛍光灯から伸びているヒモを引っ張るが、電気は一向につかない。

コウ「や、やばい・・・起きないよ・・・」

A「ど、どうしよう!?電気付かないよ!!」

思い切って外に出ようとも考えたがそのためには、その人形の居る部屋を通過しなければならない。
電気もつかず、他の人も起きてくれない。
コウたちは、その部屋の一番隅まで行き、身を縮めるようにしながら二人で寄り添っていた。

「カサッ・・・カサッ・・・カサッ・・・カサッ
ねぇ・・・ドコ?・・・
カサッ・・・カサッ
ねぇ・・・ドコ?・・・ねぇ・・・ドコ??
カサッ・・・カサッ・・・カサッ・・・」

コウ「たのむぅ、こないでくれ!たのむから、見つからないでくれ!!」

A「・・・・・・・・」

「カサッ・・・カサッ
ねぇ・・・ドコ?」

その音は段々遠ざかり、お風呂の前ぐらいまで行っただろうか?

「カサッ・・・
ねぇ・・・ドコ??ねぇ・・・ココ??ココ???
キィィィ・・・カチャッ・・・
ちがう・・・
カサッ、カサッ、カサッ、
ねぇ・・・どこ?・・・ねぇ・・・どこ??」

今度はその音がコウたちの居る部屋の方に向かって歩き出した。

「カサッ・・・カサッ・・・
ねぇ・・・どこ???
カサッ・・・カサッ・・・
ねぇ・・・どこ?」

迫り来る恐怖にコウとAさんはただ黙って心の中で、、

『頼む!来ないでくれ。たのむから・・・』

と、念じながら身を震わせているだけ。

「ねぇ・・・どこ??
カサッ・・・カサッ・・・カサッ・・・カサッ・・・カサッ・・・カサッ・・・
ねぇ・・・どこ?・・・ねぇ・・・ど・・・こ?」

その音はとうとうコウたちの居る部屋の前まで来た。

「ねぇ・・・ココ??ねぇ・・・ココ?」

その恐怖に耐えかねたコウは、大声で

「違う!!ココじゃない!入ってくるな!!!!」

「ココ?ココだね・・・
カサッ・・・シャー・・・」

襖を開く音と共に、人形の歩く音はどんどんこっちに近づいてくる。
しかし、辺りは真っ暗。
コウたちの目には何も見えないが確実にその音は近づいてきた。

「ねぇ、ドコ??ねぇ・・・
カサッ・・・カサッカサッ・・・カサッ・・・カサッ・・・カサッ・・・」

そして、コウたちの目の前で音が止まると同時に

「みぃ~~つけた・・・
ドサッ・・・」

いきなり日本人形がコウたちの目の前に降ってきたのだ。

コウ「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」

A「・・・」

コウ「おい!逃げるぞ!!!」

コウは腰が抜け呆然としているAさんを抱きかかえ、その日本人形を回り込み、出口へとダッシュ!
ドアを開け、廊下へ出たコウとAさん。
すると、さっきまでの恐怖は嘘のように廊下には明かりが灯り、落ち着いた雰囲気だ。
取りあえず近くにあった自動販売機でジュースを買い、落ち着く二人。
しかし部屋へ戻ればさっきのような目に逢う。
かといって、もう一つの部屋に戻っても寝るスペースは無いし、他の人を起こしてしまう。
仕方なく二人は、廊下で話をしながら朝がくるのを待った。

昨日と同じようにコウ一行は観光巡り。
しかし、コウとAさんは、昨日寝ていないため、車の中で爆睡。
そしてまた宿に戻る。
流石に昨日のような目には遭いたくないコウとAさん。
しかし昨日逢った出来事を話すとみんな引いてしまうだろうと、コウはそれとなく、部屋を移らせてくれるように他の部屋の4人に相談したところ、OKが出た。
そんでまた、昨日のように飯喰って風呂入ってトランプゲームなどを楽しみ、就寝。

夜中の二時・・・
コウは、、また目を覚ましてしまう。
例によってAさんもコウと同時刻に目を覚ます。

コウ「・・・部屋かわったのにね・・・」

A「きっと昼間車のなかで寝ていたからだよ」

コウ「そうだね。部屋変わったから大丈夫!きっとAの言うとおりだよ!今日、昼間寝過ぎたからだね。」

しかし、その思いとは裏腹に昨日、いや昨日よりも大きい恐怖がコウたちに忍び寄ってきていた・・・

「キーーーー・・・カッチャ・・・」

隣の部屋でドアを開ける音がした。
コウたちもそれを聞いて少しビックリしたが隣の部屋は、トイレが壊れているため廊下の共用トイレを使わなければならない。
きっと、隣の部屋の人がトイレに行くために開けたんだろうと無理矢理に思いこんでいた。
でもね、聞こえて来ちゃったんだよね・・・
また、アノ音、アノ声が・・・
「カサッ・・・カサッ・・・カサッ・・・カサッ・・・カサッ・・・カサッ・・・
ねぇ・・・ドコ?ネェ・・・どこ??」

その音はコウたちが居る部屋の前までもう来ている。
しかしドアには鍵が掛かっている。
コウは、

『鍵が掛かっているから大丈夫、入ってこれないだろう』
と思ってたらしいんだけどそんなことはお構いなしに、ドアは何の抵抗もなく開く。

「カサッ・・・カサッ・・・カサッ・・・カサッ・・・
どこ??ねぇ・・・どこ??
カサッ・・・カサッ・・・カサッ・・・カサッ・・・カサッ・・・カサッ・・・」

コウ「や、やばい・・・部屋替えたのに・・・」

A「・・・」

コウたちは昨日と同じように、部屋の隅でその音に聞き耳を立て、こっちに来ないように念じながら、小さく寄り添っていた。

「カサッ・・・カサッ・・・カサッ・・・カサッ・・・カサッ・・・カサッ・・・カサッ・・・カサッ・・・カサッ・・・カサッ・・・
ねぇ・・・どこ?どこ??ココ???ねぇ、ココ?
シャーーッ」

音は隣の居間まで来ている。

「カサッ・・・カサッ・・・カサッ・・・カサッ・・・カサッ・・・カサッ・・・
ねぇ・・・どこ?・・・ねぇ・・・どこ??・・・ここ?・・・ここ???」

そして、昨日と同じようにコウたちが居る部屋の前まで音は来ていた。

コウ「・・・」

A「・・・」

「ねぇ・・・どこ??・・・ねぇ・・・
シャーーーッ」

そして、コウたちのいる部屋の襖が開く。

「ねぇ・・・ここ?・・・ここでしょ???  
カサッ・・・カサッ・・・カサッ・・・カサッ・・・カサッ・・・カサッ・・・カサッ・・・カサッ・・・カサッ・・・カサッ・・・カサッ・・・カサッ・・・
どこ??・・・どこ???・・・ここ???ここ???」

コウは、昨日の反省点を生かし黙っていたが、無情にも音はどんどんどんどん近づいてくる!!!

「カサッ・・・カサッ・・・カサッ・・・カサッ・・・カサッ・・・カサッ・・・カサッ・・・カサッ・・・カサッ・・・カサッ・・・カサッ・・・カサッ・・・
ねぇ・・・どこ???ねぇ・・・」
恐怖に耐えかねたコウは

コウ「おいっ!いいか!思いっきり走ってこの部屋から出るぞ!!」

A「うん。解った・・・」

そして、コウたちは一目散に、走り出し出口へと走って行った。
出口に到着し、ドアを開けようとするコウ。
しかし、あかないんだよね。
ドア・・・
ノブを左に回しても右に回しても押しても引いても、一向に開かないんだよね。
コウがフト、横に目をやるとトイレがある。
仕方なくAさんを引っ張りトイレに入り鍵を閉めるコウ。
トイレは狭い。
コウが便座に座り、Aさんはコウの膝の上に手置く形になった。
二人とも体を振るわせ、恐怖に耐える。

「カサッ・・・カサッ・・・カサッ・・・カサッ・・・カサッ・・・カサッ・・・カサッ・・・カサッ・・・
ねぇ・・・どこ??どこにいったの??・・・ねぇ・・・ここ?・・・ここ?
シャーーッ
カサッ・・・カサッ・・・カサッ・・・カサッ・・・カサッ・・・カサッ・・・カサッ・・・カサッ・・・カサッ・・・カサッ・・・カサッ・・・カサッ・・・
ねぇ・・・どこ?・・・どこ??・・・ここ??・・・ここ??・・・」

とうとうトイレの前まで音はやってきた。
そして

「ねぇ・・・ココ???・・・ココだよね??・・・ねぇ・・・ねぇ・・・」

コウ「うるせぇ!!!鍵締めてあるんだ!入って来るんじゃねぇ!!」

「・・・はいった・・・」

焦るコウ!

「ココ・・・ココだよ・・・ねぇ・・・ココ・・・」

コウが辺りを見回しても、その姿はない。

「ねぇ・・・ココ・・・ここだよ・・・」

『もしや?』

と思い、Aさんの顔を見ようとコウがのぞき込むと・・・
Aさんの顔は日本人形のようになっていた・・・
その瞬間!!
Aさんは手を伸ばし笑いながらコウの首を絞め始めた!!

「アハハハハハハハハハハハ・・・」

コウは必死に抵抗し、その手を振り払いAさんを突き飛ばした。
するとAさんは、まるでビデオを巻き戻ししたかのように元の体制にもどり、コウの首を絞め始めた。
そして、その日本人形の様な顔をコウの顔に近づけてくる。

「アハハハハハハハ・・・」

これにはコウもたまらず、、失神してしまった。
5分ぐらいしただろうか。
誰かがコウの足を揺さぶっている。
Aさんだった。

A「ねぇ・・・どうしたの??ねぇ・・・起きてよ・・・ねぇ」

泣きながらコウの足を揺さぶっている。
我に返ったコウは、恐る恐るAの顔を見る。
ほっと一安心。
Aの顔は日本人形ではなかった。

A「あ、よかった。気が付いた!!!あ・・・アレ・・・キャァァァ!」

Aさんはトイレの窓を指し、叫んだ!
つられるようにコウもトイレの窓を見ると、そこには女性の顔がハッキリと写っていた。

コウ「う・・・うわぁぁぁぁ!!!」

二人はトイレの鍵を開け、ドアを開け、部屋のドアを開ける!
今回は驚くほど素直に開くドア・・・
そして、二人は宿のフロントまで行き今起こったことを宿の人に説明する。
すると

宿の人「そうですか・・・起こりましたか・・・解りました・・・今日はこの奥の管理人室で過ごして下さい。」

と、宿の人も起こった事を否定せずに二人を管理人室に通し、コウとAはこうして恐怖から逃れることが出来たのだが・・・

その後、このことを一緒に来ていた他の人にコウが話したところ

「え!?まじ??またまたーー!驚かそうとしてぇ~。俺たちにそんなこと言っても無駄だ」

などと、聞く耳持たない。
その日、コウとAさんは特別にその部屋の正反対アーンド、最上階というその部屋からもっとも遠い部屋に泊めさせて貰い、コウの忠告を聞かなかった他の人たちは、その夜コウと同じ目にあったのか、目をひんむいて管理人室に飛び込んできたらしい(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。