猫の首

94 : 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[] 投稿日:2017/04/09(日) 17:52:24.47 ID:2KmW/1z20.net [1/1回]

今から25年ほど前の話
俺学生結婚してて、俺の通う大学のすぐ横に寺があってその寺には墓地もあって、駅から大学校舎に行くのに墓地を抜けると近道だったの。
9月のまだ暑い日に黙々と歩いてたら、暮石の横に猫の首が…
(気持ち悪~)と思ったけど時間ないから、
(後で坊さんに伝えよう)と華麗にスルー。

校舎に着いたら、掲示板にデカデカと『休講』の文字。遊ぶ金もないし仕方ないから帰宅する事に。んで、さっきの猫の事を坊さんに伝えようと元来た道を戻ったら、猫の首がないし…
(まぁイイか)
んで帰路についたら頭痛がしはじめた。
その頃大学とバイトで休む暇なく動いてたから、無理がたたったと思い、帰宅後嫁に

『頭痛いし身体怠い。多分風邪だと思うからちょっと寝るわ』

と玄関横の部屋で布団に潜ってた。
その間に嫁はワンコの散歩に。
どれ位経ったのかわからんけど、胸が苦しくて唸ってた。
寝返り打とうとしたら身体が動かない。
(え?何?金縛り?)
それまで霊感なんて無かったしマジ焦ったのね。その間も胸のあたりが苦しくて仕方ない。幸い?目は見えてるから視線を胸のあたりに向けたら、布団がゆっくりと持ち上がって行く…
(え?え?な…)
もうパニックで何も考えられず、ただ怖かった…
やがて持ち上がった布団と俺の胸の間に鈍く光る二つの目…叫びたくても声が出ない、もちろん身体も動かない…恐怖で何ともならなくなった時、
「ワンワンワンワンッッッ!!!」
散歩から愛犬が帰って来てすごい勢いで吠えた。その瞬間布団と俺の胸の間にあったモノが、俺の顔をかすめるように飛んで行った。
その時に見えたのはどう考えても武士の様な髷。
しかも首から下は見えなかった。

あの時ワンコが帰ってこなかったら…と考えると今も鳥肌が立つ。

ちなみにそれからアラヌモノが見えたりする様になった。

初カキコ失礼。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。